クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > 自動車保険の基礎知識

スポンサードリンク

積立型の自動車保険

自動車保険(任意保険)にも積立型があることはあまり知られていません。積立型の自動車保険は、いわゆる「掛け捨て」ではありません。満期を迎えると、期間内の事故件数がある一定の件数以内の場合、満期払戻金が戻ってくる保険会社や、事故の有無・回数にかかわらず受け取れるようになっている保険会社もあるようです。保険料も2年目以降は、事務手続きのコストの軽減などによって、保険料負担が軽減されることもあるようです。

 

自動車保険(任意保険)の積立型保険の満期返戻金の使途は、契約者によってさまざまです。車検費用や車関係の税金に使う人もいるようですし、新車を買うための費用の一部にする人も多いようです。積立型自動車保険の保険期間は、保険会社によって違いますが、だいだい2~5年の長期契約というところが多いようです。任意の自動車保険の保険期間は、通常1年ですが、積立型では、継続して契約者を確保できるために、保険会社としても契約者数の確保のためにとても有効なのです。

 

自動車保険(任意保険)のなかでは、積立型自動車保険は、とりわけ特別な存在となりますが、他のタイプの自動車保険と比べれば、払い込む保険料の総額から満期時の返戻金を差し引いた金額、すなわち実質的な保険料は、1年契約の通常の自動車保険契約を無事故で継続するケースより安くなるケースが多いようです。保険料の払込方法は、一時払いや年払いなどから都合のよう方法を選ぶことができるようになっています。

 

自動車保険の積立型保険の場合、注意しなければならないのは、死亡事故などを起した場合には、そこで保険契約が終了してしまい、満期を迎えることができないために、満期払戻金が払い戻されないことがあることです。重大事故を起した場合は、保険金は支払われても満期払戻金はなくなるというある種のペナルティーの機能をもつ保険といえるでしょう。

その分、無事故につとめ、運悪く事故にあった場合でも小さな被害で済むように、制限時速の厳守など安全運転を努力すれば、満期払戻金となってかえってくるという仕組みです。

 

自動車保険(任意保険)のなかでは、特異な制度かもしれませんが、積立型自動車保険は、運転者の安全運転達成のためには、プラスの効果のある保険かもしれません。ただし、契約期間がながく満期まで契約しておかなければ、払戻金がありませんので、注意が必要です。

« 自動車保険会社へ事故の時の連絡 | HOME | 自動車保険(任意)の知識 »

スポンサードリンク

関連記事

自動車保険の節約方法
自動車保険のなかで、毎月支払う保険料が安くて、もし事故にあった場合に高い補償金が...
自動車保険の最新情報
自動車保険はつい最近までは、同じような保険内容であれば、どの保険会社の商品もほと...
自動車保険料ってどうやって決まるの?
自動車保険の種類に関して今まで説明してきましたが、料金はどのように決まるのでしょ...
自動車保険制度の変化-自分に合わせる保険
自動車保険に関して今までご説明してきました。では自動車保険を選ぶ、ということはど...
自動車保険に関する手続き
自動車保険に関してここまで、その内容を詳しく見てきました。自動車保険は、言わば「...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved