クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > 自動車保険の基礎知識

スポンサードリンク

自動車保険会社へ事故の時の連絡

自動車保険に加入する時にはあり得ることと想定しても実際には現実のこととして考えにくいのが交通事故です。運転していると、頻繁に交通事故の現場に遭遇することでしょう。自分がその当事者になることをなかなか想像しにくいものですが、身近に交通事故に関係した人がいれば、よく聞いて、事故の際の対応を考えておきましょう。

 

自動車保険の加入者が事故の時とるべき対応として、次のようなことが考えられます。ただちに自動車の運転を停止し、被害状況を確認します。停止するといっても事故の状況によっては、クルマを安全な場所に移動させなければならない場合もあります。

もちろん、人をはねたり、自転車・バイクなどとぶつかりそうになった時点でただちにブレーキをかけて被害を少なくするのは当然のことです。ぶつかったにもかかわらず、ブレーキが遅れて引きずったことによって歩行者やバイクの搭乗者が死亡したりするケースが多いことを肝に銘じておくべきです。負傷者があれば、ただちに救護し、安全な場所に移動させるなどの措置が必要です。重症の場合は、救急車の手配が必要です。次に警察に連絡し、必要な事項を報告するようにしましょう。

 

自動車保険の会社にもただちに、連絡しておきましょう。交通事故という現実から逃げないで冷静に対処することが大事です。場合によっては、業務上過失致傷などの現行犯として逮捕されることもありますが、そのような重大な過失による事故は避けたいものです。

 

自動車保険の契約をしている会社に連絡をするのを怠ると、保険金が支払われない場合があります。必ず、保険会社もしくは代理店に対して、事故発生の日時、場所、事故の概要を報告するようにしましょう。続いて、書面での報告を求められますが、書面に正確に事故の状況を記入しましょう。

 

自動車保険(任意保険)が、「自家用車自動車総合保険」の場合、示談サービスが付加されています。被害者から補償の請求があった場合、保険会社にまかせて示談をすすめるようにしましょう。当事者どうしでは、感情的になる場合もあり、冷静に交渉をすすめることが難しい場合もあります。

逆に、被害者となった場合も、加入している自動車保険の会社または代理店に報告しましょう。加害者と損害賠償責任を負う人が誰なのか、はっきりさせておきましょう。保険の内容によっては、加害車両が無保険状態でも自分が加入している保険から保険金が支払われる場合があります。

« 自動車保険は事故のときどう使う? | HOME | 積立型の自動車保険 »

スポンサードリンク

関連記事

自動車保険の節約方法
自動車保険のなかで、毎月支払う保険料が安くて、もし事故にあった場合に高い補償金が...
自動車保険の最新情報
自動車保険はつい最近までは、同じような保険内容であれば、どの保険会社の商品もほと...
自動車保険料ってどうやって決まるの?
自動車保険の種類に関して今まで説明してきましたが、料金はどのように決まるのでしょ...
自動車保険制度の変化-自分に合わせる保険
自動車保険に関して今までご説明してきました。では自動車保険を選ぶ、ということはど...
自動車保険に関する手続き
自動車保険に関してここまで、その内容を詳しく見てきました。自動車保険は、言わば「...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved