クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > 自動車保険の基礎知識

スポンサードリンク

自動車保険の車両保険って、どんな保険?

自動車保険のひとつに車両保険があります。文字通り、車両に対する保険です。万が一、交通事故に逢ったとき、自身の運転するクルマの被害を補償してくれます。また、車両保険は事故以外のときも車両を守ってくれる自動車保険です。

たとえば、火災、洪水、高潮、台風、盗難などで、車両が被害に遭ったときも、その被害を補償してくれます。もちろん、一般的な交通事故での補償は当然ですし、それ以外の事故、たとえば相手のいない自損事故や、当て逃げされて加害者が見つからないときも被害を補償してくれます。

自動車保険のひとつである車両保険。その補償には上限があります。修理にかかる費用の補償は、一般的な相場の範囲内まで。つまり、法外に高額な修理費には対応しません。支払われるのは常識の範囲内の額まで。また、クルマが修理不可能、つまり全損となったときに支払われる補償額は、車両保険に加入したときに契約した額まで。たとえば車両補償額300万円と設定すれば、全損で支払われるのは300万円までとなっています。

自動車保険の車両保険は、契約するときに、その補償範囲を制限することが可能です。たとえば、交通事故は補償するけれど、台風や洪水などには対応しない。または、自損事故は補償しない、などのように制限するのです。保険の契約者として考えれば、あまり嬉しくないことですが、そうやって保険の補償範囲を制限することは保険会社のリスクを減少させることになり、結果、保険料金を引き下げることになります。

自動車保険の車両保険は一般的に人的被害を受け持つ保険と比べると割高感がぬぐえないものです。たとえば、輸入車スポーツカーであれば、車両保険の年間の保険料が数十万円となってしまうことも。その割高感を払拭するために補償の範囲を制限した車両保険が存在するのです。車両保険に加入するときは、保険料だけに目を奪われず、補償範囲を確認する必要があるでしょう。

自動車保険である車両保険は、クルマのモデルごとに保険料が異なります。考えてみれば、当然のことですが、輸入された非常に高額なクルマと、国内の小さくて安価なクルマでは価格差がとても大きくなります。同じような修理を行っても、輸入車と日本車では修理費が異なることもあります。

さらに全損ともなれば、日本車が何台も買えてしまうほど高価な輸入車も存在します。それらの保険料が一律というのもおかしな話。つまり高額なクルマは車両保険も高額というのが相場です。また、保険会社は車種ごとに車両保険を利用する率をカウントしています。つまり車両保険を使う確率の高いクルマ=事故のリスクの高いクルマ、と考えて保険料が高めに設定されているのです。

« 自動車保険の任意保険って、どんな保険? | HOME | 自動車保険の賢い加入法は? »

スポンサードリンク

関連記事

自動車保険の節約方法
自動車保険のなかで、毎月支払う保険料が安くて、もし事故にあった場合に高い補償金が...
自動車保険の最新情報
自動車保険はつい最近までは、同じような保険内容であれば、どの保険会社の商品もほと...
自動車保険料ってどうやって決まるの?
自動車保険の種類に関して今まで説明してきましたが、料金はどのように決まるのでしょ...
自動車保険制度の変化-自分に合わせる保険
自動車保険に関して今までご説明してきました。では自動車保険を選ぶ、ということはど...
自動車保険に関する手続き
自動車保険に関してここまで、その内容を詳しく見てきました。自動車保険は、言わば「...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved