クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > 自動車保険の基礎知識

スポンサードリンク

自動車保険の任意保険って、どんな保険?

自動車保険の主力となる存在が、任意保険と呼ばれる、民間の保険会社が用意する自動車保険です。自賠責保険と異なり、こちらの保険は加入が任意なので加入しなくても法律違反にはなりません。

ですが、死亡事故などで、被害者への補償額が1億円を越えることが珍しくなくなった昨今、自賠責保険だけで交通事故の被害者の救済はほぼ不可能と考えて良いでしょう。

自賠責保険でまかなえない部分は、運転者の負担となります。最悪、1億円を超える補償を請求されて簡単に応じられる人は少ないはずです。そのためにも任意の自動車保険への加入は必須となるのです。

自動車保険が受け持つ補償には、いろいろな種類があります。まず、第一となるのが、被害者となった相手側への補償です。その被害者の救済は、人的被害と物的被害があります。これらを補償する保険が、対人賠償保険と対物賠償保険のふたつ。現在は対人も対物も無制限という保険が人気を集めるようになっています。また、被害者との示談交渉を保険会社が代行してくれるサービスも存在しています。

自動車保険のもうひとつの補償が、運転している自分の身を補償する保険です。運転手自身を補償するものが人身傷害補償保険。助手席や後部座席に乗っている人物のケガや死亡を補償するものが搭乗者傷害保険となります。また、自賠責保険では補償されない自損事故(自分のミスによる自分だけの事故)に対して、運転手のケガや死亡などを補償するものが自損事故保険となります。

自動車保険の最後が、事故で被害にあった自分のクルマを補償する車両保険です。

自動車保険にはいろいろな種類が存在しますが、民間保険会社が用意する任意保険は、それらを組み合わせた形で販売されています。具体的には、任意の自動車保険に加入する場合、対人賠償が~万円まで、対物賠償は~万円、人身傷害が~万円、搭乗者保険が~万円と、細かく補償額を設定することが可能となっています。

自動車保険の保険料は、それらの細かな補償額の設定の上下によって変動します。また、運転手の年齢や1年間に走る距離、乗っているモデルなどにより、事故の起きるリスクを保険会社が予測しています。その予測によって、事故が起きにくい条件の場合、保険料が低くなり、リスクが大きいと判断されたときは保険料が高くなるのです。

« 自動車保険の自賠責保険って、どんな保険? | HOME | 自動車保険の車両保険って、どんな保険? »

スポンサードリンク

関連記事

自動車保険の節約方法
自動車保険のなかで、毎月支払う保険料が安くて、もし事故にあった場合に高い補償金が...
自動車保険の最新情報
自動車保険はつい最近までは、同じような保険内容であれば、どの保険会社の商品もほと...
自動車保険料ってどうやって決まるの?
自動車保険の種類に関して今まで説明してきましたが、料金はどのように決まるのでしょ...
自動車保険制度の変化-自分に合わせる保険
自動車保険に関して今までご説明してきました。では自動車保険を選ぶ、ということはど...
自動車保険に関する手続き
自動車保険に関してここまで、その内容を詳しく見てきました。自動車保険は、言わば「...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved