クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > 自動車保険の基礎知識

スポンサードリンク

自動車保険の自賠責保険って、どんな保険?

自動車保険の第一となるのが法律で加入が強制されている自賠責保険です。強制された自動車保険なので、自賠責保険は「強制保険」と呼ばれることもあります。また、街中を走るクルマだけでなく、オートバイにも同じように用意された自動車保険です。

クルマの場合は、車検を取るときに必ず2年分の自賠責保険の保険料を支払い、加入することが義務づけられています。その保険料は、クルマの大きさに限らず車種ごと(自家用車、貨物車、自動二輪などの車種ごと)に一定となっています。

自動車保険の最低限となるのが自賠責保険です。なぜなら自賠責保険は、事故で発生したすべての損害を補償するものではないからです。自賠責保険が保障するのは、被害者の人的被害のみ。つまり事故が発生しても、人身事故にならなければ、保険が適用されません。

しかも保険が保障するのは被害者のみ。自分の運転するクルマが壁やガードレールにぶつかって、クルマが破損し、運転手がケガをしても、自賠責保険は何も補償してくれません。あくまでも、他者をケガさせてしまった。もしくは他者を死亡させてしまった。そのときだけ被害者を補償してくれるという保険なのです。

自動車保険の最低限と考えられるのは理由があります。それは自賠責保険の補償には、上限が決まっているからです。死亡で3000万円、ケガならば120万円。たったそれしか補償してくれないのです。

現在、死亡事故が起きた場合、補償は1億円を突破することが、ごく普通のようになっています。また、一命を取り留めても、大きな手術をして、少しでも入院が長引けば、その治療費はすぐに120万円を突破してしまいます。つまり、自賠責保険はあくまでも最低限度の自動車保険。実際のところ、補償の主体となるのは任意に加入する自動車保険と考えておくのが正しいでしょう。

自動車保険の強制である自賠責保険ですが、もしも加入せずにクルマを運用すると、どうなるでしょうか。法律では1年以下の懲役または50万円以下の罰金となっています。また、道路交通法違反の点数が6点となり、ただちに免許停止処分となります。

自動車保険にまったく入っていない車両にひかれてしまった。もしくはひき逃げにあった。その場合、被害者は自賠責保険の補償が受けられませんが、加害者にかわって政府が被害者に自賠責保険に準じた支払いを行います。これを自動車損害賠償保障事業(政府の保障事業)と呼びます。

« 自動車保険には、どんなものがある? | HOME | 自動車保険の任意保険って、どんな保険? »

スポンサードリンク

関連記事

自動車保険の節約方法
自動車保険のなかで、毎月支払う保険料が安くて、もし事故にあった場合に高い補償金が...
自動車保険の最新情報
自動車保険はつい最近までは、同じような保険内容であれば、どの保険会社の商品もほと...
自動車保険料ってどうやって決まるの?
自動車保険の種類に関して今まで説明してきましたが、料金はどのように決まるのでしょ...
自動車保険制度の変化-自分に合わせる保険
自動車保険に関して今までご説明してきました。では自動車保険を選ぶ、ということはど...
自動車保険に関する手続き
自動車保険に関してここまで、その内容を詳しく見てきました。自動車保険は、言わば「...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved