クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > 自動車保険の基礎知識

スポンサードリンク

自動車保険には、どんなものがある?

自動車保険は非常に重要なものです。もしも世の中に自動車保険というものが存在しないと、どのようなことになるのでしょうか。たとえば、交通事故が発生したとします。そのとき、被害者の方は運が悪くて死亡してしまいました。すると残された遺族はどうなるのでしょうか。

亡くなったのが一家の家計を支える人物であると、残された家族はいきなり明日からの生活費がなくなってしまいます。本来であれば、加害者である運転手が、その費用を負担することになります。ところが運転者に、それをまかなうだけの経済力がないと、非常に困ったことになります。被害者も加害者も不幸になるのです。そんな不幸が起きないように、世の中には、いくつもの自動車保険が用意されているのです。

自動車保険険のひとつが、自賠責保険です。これはクルマを購入したときに必ず入らなければならないと、法律で定められた強制の保険です。被害者の救済のための自動車保険であり、人的被害にのみ支払われます。保険の運営・管理は私企業ではなく、国の保証制度として公の機関が担当します。また、保険の加入料は、クルマの大きさに関わらず一定となります。ただし支払額は、被害者が死亡した場合でも最高3000万円と決まっています。

自動車保険のふたつめが、任意保険です。文字通り、任意に入る自動車保険なので、厳密に言えば加入しなくとも法律違反にはなりません。しかし、実際のところ現在は、強制保険である自賠責保険だけでは、現実の交通事故で発生する補償額をまかなうことができなくなっています。

たとえば、死亡事故が起きたとき、最高で2億円を超える賠償額となることもあるのです。そんなとき、任意の自動車保険に入っていないと、自賠責保険で足りない部分は、運転手が支払うことになります。補償額が2億円ならば、自賠責保険が3000万円で、残りの1億7000万円は加害者である運転手の負担となります。つまり、任意の自動車保険とは、その自賠責保険では足りない部分を補うものとなるのです。

自動車保険の第一である強制の自賠責保険は、被害者の補償を受け持つものなので、対物の被害や加害者側のクルマに乗っていた人間のケガやクルマ自体の補償はしません。つまりトータルでのリスク回避という意味では任意の自動車保険の加入は必須のものとなります。

自動車保険の最後が、車両保険です。これは保険加入者のクルマ自体を補償するものです。事故にあったとき、誰もケガをしなくても、クルマの被害は出るもの。その被害を受け持つのが車両保険となるのです。

« 自動車ローンのまとめ | HOME | 自動車保険の自賠責保険って、どんな保険? »

スポンサードリンク

関連記事

自動車保険の節約方法
自動車保険のなかで、毎月支払う保険料が安くて、もし事故にあった場合に高い補償金が...
自動車保険の最新情報
自動車保険はつい最近までは、同じような保険内容であれば、どの保険会社の商品もほと...
自動車保険料ってどうやって決まるの?
自動車保険の種類に関して今まで説明してきましたが、料金はどのように決まるのでしょ...
自動車保険制度の変化-自分に合わせる保険
自動車保険に関して今までご説明してきました。では自動車保険を選ぶ、ということはど...
自動車保険に関する手続き
自動車保険に関してここまで、その内容を詳しく見てきました。自動車保険は、言わば「...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved