クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > ビッグスクーターに乗ろう

スポンサードリンク

ビッグスクーター(ビックスクーター)について

ビッグスクーター(ビックスクーター)とは、文字を見てもわかるとおり大きなスクーターのことです。ただ、大きいっていっても何が大きいのでしょうか?車体?それともタイヤ?実は、ビッグスクーター(ビックスクーター)は、容量が大きい(250ccが中心)スクーターのことをさすのです。また、スクーターとは原付バイクのことです。これは、もうお馴染みなのではないでしょうか?

ビッグスクーター(ビックスクーター)は、すでに250ccクラスの販売実績ではスクータータイプが大きなシェアを持っており、1999年は400ccクラスも登場しました。また、手軽な150cc前後の車種も増えています。

ビッグスクーター(ビックスクーター)は“2輪免許が必要な”スクーターであり、通勤やビジネスの足として、また長距離ツーリングやレジャー用にもたいへん優れています。1990年代後半より、ビッグスクーター(ビックスクーター)の商品力や魅力が注目されており、バイク雑誌での登場回数も増えています。ビッグスクーター(ビックスクーター)に乗って素敵なひと時をすごしてみませんか?

ビッグスクーター(ビックスクーター)の機能性

ビッグスクーター(ビックスクーター)は、ガソリンタンクを膝で挟んでシートにまたがるオートバイと違ってまるで椅子に腰掛けるように誰でも簡単に乗り降りでき、足を揃えて気軽に乗れてしまうのが特徴となっています。

女性の方でも簡単に乗り降りができるのです。さらに巨大なシート下には、大きくゆとりのある収納スペースを備えているのが一般的です。ここにさまざまなものがしまえるので、家においておくときも何かと便利さを発揮するのではないでしょうか。

ライディングギアとして不可欠なヘルメットを始め、ウェアやレインスーツ他、携行品等の一式を楽々と収納、さらに運搬までできます。ビッグスクーター(ビックスクーター)の使い勝手はオートバイよりもむしろ4輪自動車に近いものがあるともいえるでしょう。ビッグスクーター(ビックスクーター)は多くの人が便利な足代わりとして活用しています。また、ビッグスクーター(ビックスクーター)は2005年6月1日に施行された、AT限定2輪免許に対応できる2輪車としても注目される存在です。

« AT限定二輪免許 | HOME | ビッグスクーター(ビックスクーター)のよいところ »

スポンサードリンク

関連記事

ビッグスクーター(ビックスクーター)に乗る時のマナー
ビッグスクーター(ビックスクーター)は若い人に人気なのですが、若干ですがそのマナ...
ビッグスクーター(ビックスクーター)の種類
SUZUKI SKYWAVE250SS 水冷SOHC4バルブエンジンには電子制御...
YAMAHA TMAX
ヤマハのTMAXは2001年2月にヨーロッパ市場で最初に発売されました。。新開発...
YAMAHA MAJESTY
YAMAHA MAJESTY1999年10月に、先行版である4HC/BA-SG0...
YMAHA GRAND MAJESTY
2004年3月に、マジェスティのの上位モデルとして「グランドマジェスティ」が車種...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved