クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > ビッグスクーターに乗ろう

スポンサードリンク

冬でも寒くない?!ビッグスクーター(ビックスクーター)

ビッグスクーター(ビックスクーター)ならば、冬でも寒くならずに運転をすることができます。バイクって、冬は死ぬほど寒いんです。どのくらい寒いかというと、走り出して次の信号までに既に指先は冷たくなっている。

信号待ちをしている間にエンジンやマフラーの熱でなんとか温める。信号が変わると走り出すが、次の信号につくころにはまた指先が冷たくなっている。の繰り返し。

足の指の感覚なんてもうずーっとないも同然ですし、襟巻きを軽くするくらいでは首の隙間から風が入り込んできて、体も寒いし、普通に通勤しているだけなのに、耐久レースな気分です。

それにそれだけではなくて、体が凍えて判断力も鈍っているし、指先も凍えていてまともな制動もかけれなかったりするので、危険という側面もあるんですね。

この冬の寒さの原因は「風」です。厚着をしてじっとしていれば何とかなる寒さでも、風を切って走るとなると、保温できるのはグローブの皮と皮膚とのわずかな隙間だけとなりますから確実に体温が奪われてしまいます。

スキー用のグローブでもできればまだよいのですが、そんなのをしてまともにバイクの操作はできませんので、どうしても薄いものになります。カラダはまだましです。スキーウェアだって着れますし、バイク用のジャケットはよくできていますから。でも、寒いものは寒い。

というわけで、そこまで徹底的に防寒対策をして(それでも寒い)バイクに乗ってやる、という人は必然的に少数派になります。これは趣味でバイクに乗っている人はもちろん、通勤で使っている人もめっきり減ってきます。バイク好きの彼らにとって、まさに冬の期間なんです。

ビッグスクーター(ビックスクーター)はそんな冬でも走れるんです。バイクに乗っている方なら、カウルがついているからだろ?とおっしゃるかもしれません。うーん、考え方は間違っていません。

でも、効果を過小評価しすぎです。ビッグスクーター(ビックスクーター)は冬でもぜんぜん平気で走ります。ツーリング用のよくできたバイクはこの防風効果が優れていますが、よくできたビッグスクーター(ビックスクーター)はさらにその上を行きます。比較的寒くない、とかじゃなくて、まったく寒くないです。

一度ぜひ乗ってみてください。体感しないとわからないかも。ただし、ビッグスクーター(ビックスクーター)ならどれでもOK!というわけではありません。最近のモデルの多くがかっこよさを優先してスクリーンを短く切っちゃったりしていて、正直、防風性に優れているバイクというのは主流ではなくなっています。ビッグスクーター(ビックスクーター)を選ぶときは、実際に試乗してみたりして、自分の体型、自分の用途にマッチする一台を探すという努力は怠らないようにしてくださいね。

« ビッグスクーター(ビックスクーター)のいいところ | HOME | AT限定自動二輪免許 »

スポンサードリンク

関連記事

ビッグスクーター(ビックスクーター)に乗る時のマナー
ビッグスクーター(ビックスクーター)は若い人に人気なのですが、若干ですがそのマナ...
ビッグスクーター(ビックスクーター)の種類
SUZUKI SKYWAVE250SS 水冷SOHC4バルブエンジンには電子制御...
YAMAHA TMAX
ヤマハのTMAXは2001年2月にヨーロッパ市場で最初に発売されました。。新開発...
YAMAHA MAJESTY
YAMAHA MAJESTY1999年10月に、先行版である4HC/BA-SG0...
YMAHA GRAND MAJESTY
2004年3月に、マジェスティのの上位モデルとして「グランドマジェスティ」が車種...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved