クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > バイク保険の基礎知識

スポンサードリンク

バイク保険の選び方

バイク保険はかつては、同じ条件で加入すればどこの保険会社であっても同じ保険料で補償内容も同じでした。ところがアメリカの強い意向で、1998年より自動車保険が自由化されることになりました。その結果、同じような補償内容であっても、保険会社によって保険料が異なるようになったのです。かつては、事故の起こる率・支払う保険料金などのデータは保険会社すべてが共通のものを使っていましたが、現在は各社が独自のものを利用するように変化してきました。その結果、バイク保険の保険料やサービスなどが保険会社によって異なるようになってきたのです。

バイク保険で話題を集めているのが「リスク細分型保険」の登場です。これは、バイクの使用状況や免許書の色、居住地域、年間の走行距離、年齢などの諸条件を保険会社ごとにまとめて、独自の保険料を算出したものです。簡単に言えば、細かく条件を分けて、事故の可能性が低いほど保険料を安くするというものです。ただし条件によっては過去よりも保険料が高くなるケースも当然あります。ですが、条件の分け方が保険会社によって違うため、同じ人がA社とB社でバイク保険の見積もりを取ったら、まったく違う保険料になったということも十分にあり得るのです。

バイク保険は自由化が進んだため、補償内容だけでなく、ロードサービスのような付加サービスも保険会社ごとに特色あるものを用意するようになりました。「保険料は若干高いんだけど、ロードサービスがあるからこっちの保険会社にしよう!」。そんな選択肢もあり得るようになったのです。

バイク保険は多彩になり、より複雑になったため、単純にどこの保険会社が最も安いとは言えなくなりました。人によってはA社が安いけれど、違う人にとってはB社の方が安いと。また、安いだけでなくサービスの充実度で保険を選ぶ人もいるのです。そのため、バイク保険はどこの保険会社に加入するのが良いのかは、見積もりをとって見比べる必要があるのです。

バイク保険の見積もりを比べるためにはインターネット内のバイク保険専用のポータルサイトなどを利用すると良いでしょう。条件を入力すれば、ワンボタンであちこちの保険会社に見積もりを依頼することができるのです。保険の更新時期が来たら、何もせずに更新するのではなく、一度は見積もりを取るようしてください。きっと、現在よりも安い保険を見つけることができるはずです。

« バイク保険を事故で使う | HOME | バイク保険は入らないとダメ? »

スポンサードリンク

関連記事

バイク保険はまず自賠責から
バイク保険は通常、自賠責保険がどんなバイクにもかかっています。これはバイクを購入...
バイク保険に加入するって?
バイク保険には、国が用意する自賠責保険以外に、民間の損害保険会社が用意する任意保...
過失相殺とは
バイク保険には過失相殺という考え方があります。それは現実の交通事故には、事故を起...
万一の事故を起こしたとき
バイク保険をかけているバイクで、万一事故を起こしたときの対処法を紹介します。まず...
バイク保険を安くする
バイク保険の自賠責保険の保険料は、バイクの排気量によって決められており、どこで加...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved