クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > ビッグスクーターに乗ろう

スポンサードリンク

ビッグスクーター(ビックスクーター)の人気の理由

ビッグスクーター(ビックスクーター)と呼ばれる排気量250ccのスクーターは、最近大人気を博しています。

まずなにより、スクーターなのでギア操作は不要、運転しやすいという点。その一方で50ccのスクーターとは違い、高速走行にも対応できるエンジン搭載で、デザインも男性購買層を意識して精悍な感じをかもし出しています。

収納スペースも充実しており、書類ケースも楽々入ります。1995年に最初のビッグスクーター(ビックスクーター)が登場した頃の購入層は30代後半-40代の男性でしたが、最近は20代の購入も目立ってきています。

需要好調を受けて、メーカーも新製品の投入や既存品の改良に着手しているのです。このビッグスクーター(ビックスクーター)の人気は、もうしばらく続くものと思われます。

ビッグスクーター(ビックスクーター)の人気の理由

スクーターでは、普通自動車免許があれば運転できる50cc以下のタイプが普及していますが、最近では排気量が250cc以上あるビッグスクーター(ビックスクーター)がブームになっています。

ある調査によると、2000年にビッグスクーター(ビックスクーター)の年間販売台数が前年比87%増の2万1500台と、初めて2万台を突破しました。とくに、大型自動二輪免許が必要な排気量400cc以上のモデルの販売が好調で、2001年は前年比で3.8倍の5700台でした。

ビッグスクーター(ビックスクーター)がブームになったのは、「これまでは30~40代の男性にファンが多かったが、20代の若者にユーザーが広がったこと」(二輪車販売店)にあり、「足をそろえて乗るのがおしゃれで、カップルに人気がある」(同)ということが背景にあるそうです。

« ビッグスクーター(ビックスクーター)の特徴 | HOME | ビッグスクーター(ビックスクーター)のいいところ »

スポンサードリンク

関連記事

ビッグスクーター(ビックスクーター)に乗る時のマナー
ビッグスクーター(ビックスクーター)は若い人に人気なのですが、若干ですがそのマナ...
ビッグスクーター(ビックスクーター)の種類
SUZUKI SKYWAVE250SS 水冷SOHC4バルブエンジンには電子制御...
YAMAHA TMAX
ヤマハのTMAXは2001年2月にヨーロッパ市場で最初に発売されました。。新開発...
YAMAHA MAJESTY
YAMAHA MAJESTY1999年10月に、先行版である4HC/BA-SG0...
YMAHA GRAND MAJESTY
2004年3月に、マジェスティのの上位モデルとして「グランドマジェスティ」が車種...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved