クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > バイク免許を取得する

スポンサードリンク

合宿教習

バイク免許取得において、人によって違うかもしれませんが、たいてい自動二輪免許の取得は合宿が最適といわれています。というのもバイク免許に合宿がいい理由には、まず最短日数はたったの9泊10日間というものがあげられます。

ということは、たったの10日でバイク免許取得が可能なのに、通学教習所で取得すると、学科の履修がうまくとれずに結局、思ったより日程がかかってしまうケースが多いのです。しかし、バイク免許取得において合宿では入校から卒業まで決められたスケジュールに従い、技能と学科が無駄なく毎時間消化されていき、気づけば学科は26時間すべて履修し、当然、技能である運転も毎日のることで、上達は短期間で急上昇となります。

合宿では基本的にバイク免許を短期取得のためにスケジュールを組んでいて、見極めてストなどの日程もばっちりです。しかし判子がひとつもらえなかった場合や見極めを落ちると、二日待つことがあったりします。

バイク免許取得において合宿は低料金でお得というイメージを持たれている方は多いと思います。まったくそのとおりです。教習料金+宿泊費+食事のすべて含まれたパック料金なのにかかわらず低料金なのです。

バイク免許の合宿所によりけりのプランですがありがたいですね。補習費や延泊費用は不要な合宿所もあります。卒業まで定額のところを選びましょう。そしてバイク免許の合宿所には通いコースと言うものがあり、近くに住んでいる人は自宅から通いながら教習できます。宿泊代などがかからないためさらにお得です。

バイク免許取得を合宿で行うとバイク仲間がつくれることもあります。合宿はたとえ一人で来られてもまったく問題ありません。そのような方々が同じ屋根の下、同じ目的を持って入ってこられます。共同生活から生まれるコミュニケーションも手伝って自然と仲良くなり、生涯の友達ができるかもしれません。人のつながりも合宿ならではの最適環境なのです。最近は個室も増えてきましたがあえて相部屋を希望するのも将来のバイク免許仲間を作るには良いかもしれません。

バイク免許の取り方

バイク免許取得方法には、原付バイク免許以外は、直接「運転免許試験場」に行って取る方法と、「指定自動車学校(試験場での実技が免除になる自動車学校)」に入校して取る方法の2つがあります。

バイク免許において最近では、大型二輪免許が指定自動車学校で取得出来るようになったこともあって、指定自動車学校で大型バイク免許を取る方法が一般的になってきました。

昔で言うバイク免許限定解除の試験ですね。バイク免許指定自動車学校に入校すれば、すべて段取りしてもらえますので、詳しくは最寄りのバイク免許指定自動車学校に問い合わせてください。

バイク免許では、2005年6月より「AT小型限定普通二輪免許」、「AT限定普通二輪免許」、「AT限定大型二輪免許」の3種類のバイク免許が新しく加わりました。

オートマチック・トランスミッション車(クラッチ操作装置の無いバイク)のみを運転出来る限定バイク免許です。以前は車にオートマ限定がありましたが、バイク免許にもとうとうオートマ限定が出ました。クラッチ操作が苦手な方でも気兼ねなくバイク免許を取ることができます。

« 教習所の料金目安 | HOME | ビッグスクーター(ビックスクーター)の特徴 »

スポンサードリンク

関連記事

AT限定普通自動二輪
バイク免許のAT限定と言うとたいていAT限定普通自動二輪免許をさします。このバイ...
大型自動二輪
バイク免許の大型といえば、正式名称を大型自動二輪免許といい、排気量無制限でバイク...
AT限定大型自動二輪
バイク免許の大型ATとは、正式名称をAT(オートマチック)限定大型自動二輪免許と...
教習所の料金目安
バイク免許指定自動車学校を利用する場合の技能と学科の法定教習時限数(最短の場合)...
合宿教習
バイク免許取得において、人によって違うかもしれませんが、たいてい自動二輪免許の取...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved