クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > 今注目のバイクはこれ

スポンサードリンク

これからのバイク

バイクの未来はどのようになっていくのでしょうか。全体の方向としては、ガソリンの値上がりや地球温暖化問題への関心の高まりのなかで、環境に配慮したバイクの人気が高まっていくでしょう。一方で、ガソリンエンジン独特の振動や響きに惚れ込んでいるバイク愛好者が数多く存在しており、電動化やハイブリッド化、燃料電池搭載へと一直線に進んでいくのは難しいかもしれません。

バイク愛好者のデザインへのこだわりは、ますます高まる傾向にあるらしく、メーカー側も女性を取り込むために様々な工夫をしています。花などのイラストを燃料タンクに描き、ファッション性を高める動きもあります。バイクの振動が与える負担や不快感を軽減するために、あるメーカーでは振動を低減させる新エンジンを積んだ新しいバイクを開発しました。 消音器などのパーツを鏡面仕上げにし、高級感のある仕上がりにしました。

バイクに関心をもつ女性や中高年にとって乗りやすいバイクの開発もすすんでいきそうです。あるメーカーでは、シートの高さを二段階で調節できる可変シートを採用して、乗りやすさを打ち出し、中高年や女性を含めた幅広い顧客層の取り込みに躍起です。ところが女性のバイク愛好者のなかには、大型バイクを所有する人も増えてきており、女性の趣味の多様化や、男女の差異の消滅の動きも指摘されています。 こうした動きは、メーカーにとって想定外の現象ですが、消費行動の変化をいち早く把握することによって、新しい人気バイクを生み出すチャンスになる可能性もあるでしょう。

バイク全体の市場規模そのものは縮小する一方だといわれます。とくに50cc以下の原動機付き自転車(ミニバイク)は1980年代のはじめらか現在までに280万台から50万台と激減しています。パソコンやデジタルテレビなどの出費に喰われて、これまで手頃だったバイクの購入費が捻出できないという事情があるようです。

バイクのメーカーは付加価値が高く、利幅の大きい中大型クラスのバイクの開発に力を入れています。このクラスには、一定の所得のある層のファンが多く、デフレ傾向が続く現在でも、数百万円台の価格を維持している高級車が少なくありません。バイク乗りにとっては嬉しい規制緩和や環境整備もすすんできました。高速道路でのバイクの2人乗りが解禁され、スクータータイプを想定したオートマ免許制度もスタートしました。各メーカーはこうした状況のなかで、ユーザーのすそ野が今後一層拡大していくことを期待しています。

« バイクの多様化 | HOME | 原付免許の取り方 »

スポンサードリンク

関連記事

電動式バイク
バイクにも電動式のものが登場しました。電気自動車は、イベントや一部の自治体などで...
バイクにも燃料電池搭載・ハイブリッド化
バイクも、電動化の流れが進行していることを受け、燃料電池の搭載やハイブリット化が...
バイクで挑むモータースポーツ
バイクを利用したモータースポーツが静かなブームです。特に、でこぼこのコースをオー...
バイクの多様化
バイクに対するニーズが多様化し、バイクを自由自在に自分の好みのスタイルにするため...
これからのバイク
バイクの未来はどのようになっていくのでしょうか。全体の方向としては、ガソリンの値...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved