クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > バイク保険の基礎知識

スポンサードリンク

バイク保険を事故で使う

バイク保険は使わないで済むにこしたことはありませんが、万一の事故はなくなりません。そのときのために事故への対処方法を紹介します。

バイク保険を使うような事故がもしも起きたら。最初にしなくてはいけないのが、被害者の救済です。ケガをしていないかどうかを調べ、もしもケガをしていたら応急措置を行い、必要であれば救急車を呼びます。救急車が来るまでの間、被害者を安全な場所へ移動することを忘れてはなりません。また、二次災害の発生を防ぐため、バイクなどの事故の当事者となる車両を安全な場所に移動します。そして警察に事故を報告。警察がやってくるまで、現場で待ちます。このとき間違っても、現場を離れてはいけません。事故を起こした当事者が現場を離れる。それは「ひき逃げ」と言われても仕方のない行為なのです。警察がやってくるまでじっと現場で待つのです。

バイク保険を使うには、警察への報告が必要です。警察が現場検証を行い、後日発行する事故証明がなければ、バイク保険から保険金は下りません。なので、必ず事故のときは警察への連絡を行わなければいけないのです。バイク保険を利用したいならば、事故の当事者同士で現場で示談を行ってはいけません。勝手に結んだ示談には保険金は支払われないのです。事故の現場で何を言われようとも誓約書のようなものを交わしてはいけません。

バイク保険を利用するには、事故の後、なるべく早くに保険会社に事故の報告を行いましょう。保険の代理店に連絡するか、保険会社が用意している事故専用ダイヤルに電話をしましょう。そして保険会社の担当と相談をして、事故の処理を行うことになります。事故の後、事故の相手がケガなどをしていなければ、連絡先などを忘れずに聞いておきましょう。もしも相手がケガをして病院に運び込まれたならば、できればすぐにお見舞いに顔を出すようにしてください。

バイク保険を利用するとなれば示談などの被害者との対応は保険会社が行うことになります。ですが、保険会社に任せれば終わりというわけではありません。事故の当事者としての責任はあるのです。必要とあれば被害者への見舞いを行う必要があるでしょう。「謝ったら示談で不利になる」「謝ったら自分が悪くなる」とムキになる必要はありません。そういう態度が示談をこじらせることになるのです。謙虚な気持ちで事故処理に対処しましょう。

« バイク保険の等級 | HOME | バイク保険の選び方 »

スポンサードリンク

関連記事

バイク保険はまず自賠責から
バイク保険は通常、自賠責保険がどんなバイクにもかかっています。これはバイクを購入...
バイク保険に加入するって?
バイク保険には、国が用意する自賠責保険以外に、民間の損害保険会社が用意する任意保...
過失相殺とは
バイク保険には過失相殺という考え方があります。それは現実の交通事故には、事故を起...
万一の事故を起こしたとき
バイク保険をかけているバイクで、万一事故を起こしたときの対処法を紹介します。まず...
バイク保険を安くする
バイク保険の自賠責保険の保険料は、バイクの排気量によって決められており、どこで加...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved