クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > 今注目のバイクはこれ

スポンサードリンク

電動式バイク

バイクにも電動式のものが登場しました。電気自動車は、イベントや一部の自治体などで公用車として運用されていますが、1回の充電で走行可能な距離が限られており、普及には新たな電気自動車用電池が必要ということで開発が急がれています。 一方、電動カート・電動車いすの長い歴史とともに、バイクメーカーには小型の乗り物を動かすノウハウの蓄積があったため、すでに電動スクーターの商品化に成功しました。

バイクのメーカーでは、電動バイクの重量を従来のバイクの3分の2程度に減らすことに成功しています。スリムな女性の一人分の体重程度の重量なので、乗用車で持ち運んで外出先で乗り回すことも可能です。

バイク用の電池の性能も次第によくなっているようです。1回の充電で走行可能な距離として、約20?30キロ程度が普通ですが、今後は1回の充電で100キロ?180キロ走行できるようになりました。ガソリンエンジンバイク並みの加速力が実現するようになるといいます。電気モーターの特性上、出足の滑らかさはガソリンエンジンより優れています。

バイクとしての性能は、燃料エンジンのバイクと比べるとやはり劣るかもしれません。それでも、最高速は時速40キロで、坂道を登坂していく時のパワーも落ちないように改善されてきました。坂道でもぐんぐん加速できるというところまでは至っていませんが、現在も継続して強力なモーターが開発されています。エンジンがないため、モーターをはじめとする動力系の部品は、すべて後輪部分に集められています。エンジン音や振動もなく加速していくのは、奇妙な感覚があるかもしれません。

バイクや自動車の電動化にともない各地に「充電スタンド」が開設されています。地球温暖化問題など環境問題への関心の高まりが追い風になっており、今後も増えそうな勢いです。環境問題に取り組んでいるNPOが、電動バイクや電気自転車向けに、太陽光発電と風力発電を利用した「充電スタンド」を開設したという事例もあります。また電動バイクは、電気自動車の補助金給付対象として認可されたため、申請すれば数万円の購入補助金が受けられることが魅力です。このように、環境にやさしい発電システムを活用した充電スタンドや補助金の充実など電動バイクを利用しやすい環境づくりも急がれています。

« トライク | HOME | バイクにも燃料電池搭載・ハイブリッド化 »

スポンサードリンク

関連記事

電動式バイク
バイクにも電動式のものが登場しました。電気自動車は、イベントや一部の自治体などで...
バイクにも燃料電池搭載・ハイブリッド化
バイクも、電動化の流れが進行していることを受け、燃料電池の搭載やハイブリット化が...
バイクで挑むモータースポーツ
バイクを利用したモータースポーツが静かなブームです。特に、でこぼこのコースをオー...
バイクの多様化
バイクに対するニーズが多様化し、バイクを自由自在に自分の好みのスタイルにするため...
これからのバイク
バイクの未来はどのようになっていくのでしょうか。全体の方向としては、ガソリンの値...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved