クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > 今注目のバイクはこれ

スポンサードリンク

トライク

バイクの変わり種として、三輪バイクがあります。人気メーカーのバイクを改造した三輪バイクが話題となり、「トライク」という名称が三輪バイクの代名詞としてようやく普及してきました。「トライク」の「トライ」の語源は、「三角」です。前輪または後輪のどちらかの車輪を二つにし、上から見て二等辺三角形に見えるものを「トライク」というわけです。

バイクと比べると、低速や停止状態でも安定していることから、体の不自由な人やお年寄りに評判です。停車時には片足で支えていなければならない二輪と違い、三輪のトライクは低速でも安定していて停車時の転倒の心配もありません。

バイクと違って、トライクは、大型自動二輪免許など二輪専用の免許がなくても、普通免許で乗れます。トライクの人気は、障害に応じて操作方法の変更ができる点にもあるといいます。手が不自由でも足でクラッチ操作ができ、逆にミッションを手で操作できるように変更することも可能です。行動範囲を広げることができ、リハビリにも役立つと、障害者支援施設からの問い合わせもあるそうです。

バイクから派生したにも関わらず、トライクは車と同じ扱いなので、ヘルメットを被ることが義務づけられていません。また、車庫証明も不要なので、そうした点も注目されているようです。トライクは、気軽に乗れるのですが、高速で車体を傾けてカープを曲がろうとすると、転倒する危険性があるため注意が必要です。こうした転倒を防止するために、トライクを専門的に販売しているあるメーカーでは、カーブ時、車体前部を傾けても内側の後輪が路面から浮かないように設計しました。車と同じように左右の車輪に別々のサスペンションをつけた「独立懸架」方式を採用するなどしています。

バイクのレンタルと同じように、トライクをレンタルする会社も登場しました。 このような動きのなかで、万が一のためにヘルメット着用を呼びかける業者も増えています。販売会社は、購入者には約一時間の講習を受けてもらうようにしているといいます。トライク経験者は、「トライクは本来低速で楽しむもので、遠乗りには向いていない」といいます。低速での安定性を発揮するのは、「お散歩」感覚で、交通量の少ない路地や田んぼのあぜ道、山道などをゆっくりと巡回するような場合かもしれません。

« バイク保険を安くする | HOME | 電動式バイク »

スポンサードリンク

関連記事

電動式バイク
バイクにも電動式のものが登場しました。電気自動車は、イベントや一部の自治体などで...
バイクにも燃料電池搭載・ハイブリッド化
バイクも、電動化の流れが進行していることを受け、燃料電池の搭載やハイブリット化が...
バイクで挑むモータースポーツ
バイクを利用したモータースポーツが静かなブームです。特に、でこぼこのコースをオー...
バイクの多様化
バイクに対するニーズが多様化し、バイクを自由自在に自分の好みのスタイルにするため...
これからのバイク
バイクの未来はどのようになっていくのでしょうか。全体の方向としては、ガソリンの値...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved