クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > バイク保険の基礎知識

スポンサードリンク

万一の事故を起こしたとき

バイク保険をかけているバイクで、万一事故を起こしたときの対処法を紹介します。まず、何よりも重要なのは人命です。ケガをしている人がいるようならば、その人の救助がなによりも優先されます。それは被害者に限らず、加害者であってもです。ケガをした人を安全な場所に移して、救急車を呼んだり応急措置を行います。そして、二次災害を起こさないために、道路上に倒れているバイクなどを安全な場所に移動させます。ただし、後で警察がきたときに実況検分を行うので、どこに何があったかなどは、しっかりと記憶しておきます。

バイク保険を使うには、必ず警察への届け出が必要です。なので、どんなに小さな事故であっても、バイク保険を使うならば警察に通報します。そして警察がくるのを、現場で待ちます。どんなに重要な用事があっても現場から離れてはいけません。もしも人身事故を起こした後、勝手に現場を離れると、ひき逃げ犯人になってしまいます。もしも待っているときにカメラなどを持っているようならば、現場の写真をなるべく多く撮影しておきましょう。どこで衝突したのか? 位置関係が分かるように撮影するのがポイントです。

バイク保険を使うには、事故の相手が確定していなければなりません。被害者であれ、加害者になるのであれ、事故の相手から、相手の名前や住所、連絡先、免許書番号などを聞き出します。またできれば、相手の車両のデータ(所有者、登録番号)なども書き取っておきます。

バイク保険で支払われる保険金は、保険会社の決めたルールの中で支払われます。つまり、事故の現場で勝手に当事者同士で示談しても、保険金は支払われません。まずは保険会社に事故の報告をして、保険会社と相談しながら示談を進めるのです。間違っても、事故の現場で示談はしてはいけません。

バイク保険を使うには警察の事故証明書が不可欠です。なので、警察の通報の後、警察官がきたら、実況検分に立ち会います。そして、最後に保険金の請求の時に警察には交通事故証明書を発行してもらいます。

バイク保険には仮払いなど、損害額が確定する前にも保険金を支給する制度があります。当座の費用に困ったときは、保険会社と相談しながらそのような制度を利用しましょう。

« 過失相殺とは | HOME | バイク保険を安くする »

スポンサードリンク

関連記事

バイク保険はまず自賠責から
バイク保険は通常、自賠責保険がどんなバイクにもかかっています。これはバイクを購入...
バイク保険に加入するって?
バイク保険には、国が用意する自賠責保険以外に、民間の損害保険会社が用意する任意保...
過失相殺とは
バイク保険には過失相殺という考え方があります。それは現実の交通事故には、事故を起...
万一の事故を起こしたとき
バイク保険をかけているバイクで、万一事故を起こしたときの対処法を紹介します。まず...
バイク保険を安くする
バイク保険の自賠責保険の保険料は、バイクの排気量によって決められており、どこで加...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved