クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > バイク保険の基礎知識

スポンサードリンク

過失相殺とは

バイク保険には過失相殺という考え方があります。それは現実の交通事故には、事故を起こした一方だけが完璧に悪いということがマレだからです。つまり被害者側にも過失があった。もちろん加害者側にも過失がある。なので、その両方の過失の割合を出して、その割合を相殺して保険金を支払うという考えです。もちろん、青信号を守って歩いていた人が信号無視をして突っ込んできたバイクに跳ねられた! なんてときは、100%バイクが悪いので、過失相殺もあったものではありませんが、もしも歩行者が信号無視をして、道路に飛び出してきたら? そんなときはバイクだけが100%悪いのではなく、歩行者にも過失があったと考えるのです。

バイク保険の過失相殺には、一応めどとなる数字が用意されています。もちろん目処であるため、状況によっては、その数値は変化すると思ってください。あくまでも例として、そのいくつかを紹介しましょう。

バイク保険の過失相殺の例として、先ほど挙げた青信号を渡る歩行者を信号無視のバイクがはねたときは歩行者の過失は0%。バイクの過失が100%です。ですが、歩行者が赤信号を無視して飛び出てくれば、歩行者の過失は70%、バイクが30%となります。その場合は、歩行者の治療費などの補償額の30%だけバイク側が支払うことになります。

バイク保険の過失相殺の例として、バイク対自動車というものもあります。道路上でUターンしようとした自動車と、直進してきたバイクが衝突したときは、クルマの過失が90%、バイクが10%となります。また、直進バイクに対して、右折しようとしたクルマがぶつかるというケースがあります。よく言う右直という事故です。この場合は、クルマ側もバイク側も信号が青ならば、クルマの過失が80%、バイクが20%となります。バイク側の信号が赤で、クルマが青ならば、信号無視をしたバイクが悪いということでバイクの過失が100%となります。渋滞の列の横をすり抜けて直進するバイクに対して、右折車がぶつかる場合は、すり抜けるスペースが大きければ、バイクの過失は20%。狭いところをすり抜けて出てきたら過失が30%となっています。

バイク保険の過失相殺は、クルマ×バイクの場合はクルマ×クルマよりも、バイクに対して優位に設定されています。それは交通環境の中でバイクは弱者とみなされるからです。

« バイク保険に加入するって? | HOME | 万一の事故を起こしたとき »

スポンサードリンク

関連記事

バイク保険はまず自賠責から
バイク保険は通常、自賠責保険がどんなバイクにもかかっています。これはバイクを購入...
バイク保険に加入するって?
バイク保険には、国が用意する自賠責保険以外に、民間の損害保険会社が用意する任意保...
過失相殺とは
バイク保険には過失相殺という考え方があります。それは現実の交通事故には、事故を起...
万一の事故を起こしたとき
バイク保険をかけているバイクで、万一事故を起こしたときの対処法を紹介します。まず...
バイク保険を安くする
バイク保険の自賠責保険の保険料は、バイクの排気量によって決められており、どこで加...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved