クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > バイク保険の基礎知識

スポンサードリンク

バイク保険に加入するって?

バイク保険には、国が用意する自賠責保険以外に、民間の損害保険会社が用意する任意保険があります。実際の事故のときに、自賠責保険は被害者の人的被害だけしか補償してくれませんので、壊れた物損の賠償や加害者サイドのケガや物損の保障がありません。つまり、万一の事故のときに困らないような保障が欲しいならば、任意保険に加入する必要があるのです。

バイク保険の任意保険は何を保障してくれるのでしょうか? まず被害者サイドで言えば、自賠責保険では足りない人的損害の補償です。高騰化している人身傷害の補償額を自賠責保険では埋めることができないため、その不足分は任意保険が支払うことになっているのです。次に被害者サイドへの保障としては、物的損害があります。もしも事故の相手がクルマであった場合は、そのクルマの修理費などが保険で支払われます。また、事故で接触した相手が、さらに別のモノにぶつかったときにも阻害賠償が請求されます。同じようにガードレールや電柱、信号などにぶつかったときも、事故を起こした人に物的な損害の請求がまわってくるのです。

バイク保険の任意保険は被害者サイドだけでなく、加害者となるライダーの損害も保障します。まずは運転手であるライダーの、ケガや死亡の保障が「人身傷害補償保険」や「搭乗者傷害保険」でカバーされます。どちらもライダーや、その同乗者のケガや死亡のときに働く保険ですが、人身傷害補償保険の方が保障は厚くなっています。

バイク保険の任意保険には「無保険車傷害保険」というものもあります。これは事故の相手が、保険に入っていない車両だったときのためのものです。事故の相手の保険が使えず、十分な補償が得られないときに、この保険が助けてくれるのです。

バイク保険には「自損事故保険」というものもあります。これは相手のいない事故で、運転手のライダーがケガや死亡してしまったときに支払われる保険です。人的な被害に対する保険なので、壊れてしまったバイクの修理費などは保障しません。

バイク保険の最後が「車両保険」です。事故などのときに、壊れてしまう自分のバイクにかける保険です。普通の自動車の保険であれば車両保険に盗難被害の保障も含まれるのですが、バイクの場合は、盗難は除外されます。盗難対策のためには盗難保険に別個に入る必要があるのです。

« バイク保険はまず自賠責から | HOME | 過失相殺とは »

スポンサードリンク

関連記事

バイク保険はまず自賠責から
バイク保険は通常、自賠責保険がどんなバイクにもかかっています。これはバイクを購入...
バイク保険に加入するって?
バイク保険には、国が用意する自賠責保険以外に、民間の損害保険会社が用意する任意保...
過失相殺とは
バイク保険には過失相殺という考え方があります。それは現実の交通事故には、事故を起...
万一の事故を起こしたとき
バイク保険をかけているバイクで、万一事故を起こしたときの対処法を紹介します。まず...
バイク保険を安くする
バイク保険の自賠責保険の保険料は、バイクの排気量によって決められており、どこで加...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved