クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > バイク保険の基礎知識

スポンサードリンク

任意保険に加入する

バイク保険の自賠責保険は、あくまでも被害者を救済する最低限度の保険です。そのため実際の事故では、被害者の人的損害への救済が不足するばかりか、物的損害や加害者のケガなどはまったく補償されません。そのため、自賠責保険しか加入していないバイクによる事故は、被害者だけでなく加害者にも大きな負担を強いることになります。

バイク保険の自賠責保険の不足分を補うために存在するのが、民間の保険会社が用意するバイク向けの任意保険です。任意のバイク保険の中身は、個別な目的に合わせた保険の組み合わせです。具体的には、「対人賠償保険」「対物賠償保険」「搭乗者傷害保険」「人身傷害保険」などから成り立っています。バイク保険の「対人賠償保険」は、自賠責保険と基本は同じです。被害者の治療費と休業補償、慰謝料を保険金で支払います。ただし、高騰化している損害賠償額を補償するために、「無制限」まで保険金の額を設定することができます。

バイク保険の「対物賠償保険」は、被害者の物的損害を補償するものです。対クルマとの事故で、破損させてしまったクルマの修理費は、この「対物賠償保険」から支払われます。もしも任意保険に加入していないと、対クルマの事故のときに自分がケガをしても、相手のクルマを破損させれば、その修理費を請求されることになってしまうのです。

バイク保険の「搭乗者傷害保険」は、バイクに乗っているライダーが死傷したときに支払われる保険です。ただし、この保険は過失分が差し引かれて支払われる保険なので、事故の内容によっては(ライダー側に過失があると)、ライダーの過失分だけケガに対する保険金が割り引かれてしまうのです。治療費が足りない! という不幸を防ぐためにあるのが「人身傷害保険」です。これはライダーにかける生命保険のようなものであり、事故の過失に関係なく保険金が支払われます。

バイク保険には「自損事故特約」というものも存在します。これは事故の相手のいない自損事故でライダーが死傷したときに支払われる保険です。またバイクの任意保険には「車両保険」も用意されています。ただしバイクの「車両保険」は盗難は除外されます。あまりにも盗難が多いからです。そのため「盗難保険」は別に加入する必要があるのです。

« 自賠責保険に加入する | HOME | バイク保険の等級 »

スポンサードリンク

関連記事

バイク保険はまず自賠責から
バイク保険は通常、自賠責保険がどんなバイクにもかかっています。これはバイクを購入...
バイク保険に加入するって?
バイク保険には、国が用意する自賠責保険以外に、民間の損害保険会社が用意する任意保...
過失相殺とは
バイク保険には過失相殺という考え方があります。それは現実の交通事故には、事故を起...
万一の事故を起こしたとき
バイク保険をかけているバイクで、万一事故を起こしたときの対処法を紹介します。まず...
バイク保険を安くする
バイク保険の自賠責保険の保険料は、バイクの排気量によって決められており、どこで加...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved