クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > メンテナンスも学ぼう > クルマのトラブル対策

スポンサードリンク

エンジントラブル/ギアチェンジ

エンジンがバラついてパンチがない

原因はいろいろ考えられるが、プラグ・プラグコードの劣化が怪しい。年式の古い車はまずここを疑ってみよう。プラグコードのリークは夜なら目視できるし、ラジオのノイズが大きくなる。燃料フィルターの詰まりの可能性もあり。

エンジンの回転が上がるわりに加速しない

エンジンの回転が上がるのに、スピードが比例して上がっていかない場合は、クラッチが滑り出している。急な坂で坂道発進がしにくくなったらその可能性は高い。窓を開ければ焦げたようなにおいがするかも。動けるうちにクラッチ交換を頼もう。 ATの場合は、ATフルードの劣化によって駆動ロスが生じたり、ギアをチェンジするバルブの切り替えがスムーズにいっていない可能性もあり。この場合、とりあえずATフルードを交換して様子を見てみる。それでも改善されない場合は、分解整備してプロに見てもらうしかない。

MTのギアの入り方が渋く、鳴くこともある

クラッチの切れが不良になっている証拠。無視しておくと「ミッション破損」になる可能性もあるので要注意。だから、すぐ点検・調整をする必要があり。機械式クラッチは調整で直る可能性があるが、油圧式クラッチだったらオーバーホールが必要となる可能性があり。また、特定のギアにシフトした時だけ鳴るようだったら、すでにミッションがダメージを受けている可能性大。最悪のケースではミッションのオーバーホールが必要。

AT車で変速ショックが大きくなった

ATフルードの劣化や不足が考えられる。ボンネット内のATフルードのレベルゲージを抜いて量と汚れを確認しよう。汚れていたら交換だ。それでも直らなければATのオーバーホールをしなければならない。 ATシフトレバーを「N」から「D」に切り替えたときに、すぐギアが入らなくなったときは要注意。特定のギアに入らなくなったときも、とりあえずATフルードを交換して様子をみてみよう。

エンジンの回転が重く高回転が回りにくくなった気がする

冷却系と潤滑系が正常に機能しているにもかかわらず、そのような症状がでたとすると、エンジン内部や吸入系にスラッジやカーボンが堆積している可能性がある。チョイ乗りが主体だったり、すでに5万~6万キロ走破した車だったらその疑いは濃厚。試しに市販のエンジンコンディショナーを利用してエンジン内部のクリーニングをしてみるといい。(一般的に「エンジンフラッシング」という名称で各カー用品店で作業があります。)また、エンジンオイルが劣化すると、やはり回転が重くなってくる。まずはオイルを交換して様子を見てみよう。たまにはアクセル全開でレッドゾーン付近までエンジンを回してあげると、スラッジ・カーボンは堆積しにくくなります。

« アライメント/ブレーキキャリパー/ブレーキローター | HOME | アイドリング/オーバーヒート/エンジンルーム »

スポンサードリンク

関連記事

アイドリング/オーバーヒート/エンジンルーム
オーバーヒート気味になる 冷却水(クーラント)不足が最大の要因となる。なぜ冷却水...
油圧警告/ブレーキが効かない/ペダル
車の下から何か漏れている エアコンを使用した後で、車体前部付近から無色透明の水だ...
ブレーキペダル/バッテリー/スターター
ブレーキペダルがフカフカする ブレーキの踏み応えがなくなったというのなら、ブレー...
ウィンカーの点滅/マフラー/エアコン
ウインカーの点滅速度が速くなった ウインカーの点滅速度が急に変わった場合は、ウイ...
高速走行/マフラーからの煙/タイヤパンク
マフラーから黒い煙が出る ガソリン車で黒い煙が出るというのは、何らかの理由で燃料...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved