クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > メンテナンスも学ぼう > 部品別メンテナンス術

スポンサードリンク

バッテリー/プラグ/AT(オートマチック)

バッテリー

バッテリーに貯えられる電気に限りがあるため発電することで消費した電気を補っている。その役割を担っているのがオルタネーターだが、10万キロ以上走ると確実に発電能力が低下してくる。

そんな状態でバッテリーだけを新品にしたところで電気の安定供給は望めないわけ。このため、充電系のオーバーホールを検討したい。ちなみにバッテリー交換はだいたい2年ごとに。使い方によって1~5年の寿命の違いはある。

プラグ

10万キロに到達すまで一度も交換していなかったらぜひ交換したほうがいい。交換の際は白金(プラチナ)かイリジウムプラグにしよう。ついでにプラグコードも交換できるなら交換したほうがいい。

AT(オートマチック)

ATにはクラッチは入っていないと考えている人が多いがミッション内部には湿式のクラッチが複数セットされている。MTはクラッチが薄くなると滑るように、ATの場合も湿式のクラッチが薄くなれば滑りを生じるのだ。ただし、クラッチの滑りからくる現象はMTとは微妙に異なる。Dレンジに入れたときに「ドンッ」とくるショックがきつくなるのだ。

特にATフルード交換などのメンテを怠っていた車で10万キロを超えてしまったなら、そろそろやばい。急激なアクションがでるようならATフルードを替えてもダメ。オーバーホールする必要がでてくる。

また、メカニカル音が出るのもアウトだ。ATはトルクコンバーターを回して油圧を発生させ、バルブボディを動かすことでギアを動かし、クラッチを圧縮したり開放したりと、とにかく複雑な制御を行っており、全てのパーツはATフルードに浸っている。このため、音が出るようなら交換が必要だ。オートマフルードは車検ごとには交換しましょう。

« エンジンマウント/燃料フィルター/ウォーターポンプ | HOME | アライメント/ブレーキキャリパー/ブレーキローター »

スポンサードリンク

関連記事

オイル交換/オイルエレメント/タイヤ空気圧
オイル交換について オイルは人間で言えば「血液」です。血液が濁ると体の調子が悪く...
水抜き剤/エンジンルーム点検/タイミングベルト
水抜き剤 ガソリンというものは必ずしも純度がいいものではないので、ガソリンタンク...
エンジンマウント/燃料フィルター/ウォーターポンプ
エンジンマウント エンジンとボディの接続部分には振動が伝わらないよう遮断するイン...
バッテリー/プラグ/AT(オートマチック)
バッテリー バッテリーに貯えられる電気に限りがあるため発電することで消費した電気...
アライメント/ブレーキキャリパー/ブレーキローター
アライメント 走りが不安定と言うだけでアライメントの狂いと短絡的に考える人が意外...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved