クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > メンテナンスも学ぼう > 中古車購入後のメンテナンス

スポンサードリンク

中古パーツの種類

社外アフターパーツ

社外アフターパーツについては、専門誌や専門店がありますので知っている人も多いと思います。代表的なものは、アルミホイール、オーディオ、マフラーなどです。中古のパーツですから、キズや汚れは多少ありますがその分値段も安くなります。

中古パーツ専門店以外では、中古車販売店で扱っている場合もありますので、確認してみると良いでしょう。それ以外ではネットオークションを活用する事も最近は多いです。

中古純正パーツ

ドアパネルや、エンジンなどの中古パーツです。ただ車から取っただけの中古パーツと、整備をした上で販売される中古パーツがあります。ドアなどは整備の必要はありませんが、エンジンやトランスミッションでは整備済み中古パーツを使う事が殆どです。修理の際に、中古パーツを利用する事で修理代を節約できますので修理の際には中古パーツを使えないか聞いてみましょう。

また、車の中古パーツは「解体部品」「中古部品」「リビルト部品」に分けられます。解体部品とは車から部品のことをいいます。そして、リビルト部品とは中古部品を分解しオーバーホールし必要な部分は新品部品を組み込んで再生した部品です。リビルト部品はある程度価格も高くなりますが、新品に比べれば大変安いです。性能面では限りなく新品に近いわけですから大変リーズナブルです。

中古パーツの購入場所は、車を購入した販売店であれば、取り付けを依頼する事も出来ますし、自分で取り付けをする場合はアドバイスももらえると思います。専門店では、多数の中古パーツを扱っていますし値段も相場通りの事が多いと思います。ただし、何に取り付けたら良いかわからない部品も多く並んでいます。見ただけで分かる人用のものが多いですので、わからなければ手を出さないように注意しましょう。

最近では、量販店で中古パーツの販売、買い取りを行うお店もあります。取り付けもその場ですぐ行ってくれますし、値段も妥当な所だと思います。

その他、解体屋などでも行っています。車が山積みになっている場所です。基本的に部品の取り外しは自分で行う事と、工具などは全て自前で用意する必要があるのでよくわからない場合は、おすすめ出来ません。

基本的に修理工場などへ中古部品を販売します。なかには個人に販売してくれる業者もあるかもしれません。

« 車検とその種類について | HOME | 中古パーツ選びの注意点 »

スポンサードリンク

関連記事

オイル交換をしよう
オイルは消耗品であり、定期的な交換が必須ですので、交換しましょう。前に使っていた...
中古車整備はどこに頼む
中古車整備をどこに頼むかというとき、まずは自分が中古車を購入した中古車販売店を考...
車検とその種類について
整備の種類はそれぞれ販売店や、中古車の種類によって様々ですが、整備と言ったときに...
中古パーツの種類
社外アフターパーツ 社外アフターパーツについては、専門誌や専門店がありますので知...
中古パーツ選びの注意点
現在の中古パーツの流通は多様化し商品化するまでにある程度のチェックがありその品質...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved