クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > バイク保険の基礎知識

スポンサードリンク

バイク保険の任意保険の内容

バイク保険には自賠責保険だけでなく、民間の保険会社が用意する任意保険が存在します。加入してもしなくても法律的には何の規制もありません。つまり加入するかどうかは、ライダーの「任意」で行うもの。そのため自賠責保険に対応する呼び名として「任意保険」となったのです。

バイク保険の任意保険は、法律的な規制が何もないので、民間の保険会社が自由にその内容を決めてよいことになっています。しかも1998年の保険の自由化以降、保険会社ごとの違いはさらに大きくなっています。保険自由化で、大きく変わったのは、それ以前は全社同じ保険料率を使っていたのが、自由化以降は自由に保険料率を決めて良いことになりました。同じ条件のライダーが同じ条件で保険に加入しても保険会社ごとに、保険料が異なることになたのです。また、自由化の結果、補償内容やサービスも保険会社ごとに大きく異なるようになりました。

バイク保険は、自由化以前は「どこに加入しても同じ」だったものが、「保険会社ごとに違う」になったのです。だからこそ、加入者が自分にあった保険を探す努力が必要になったのです。

バイク保険の任意保険が補償するものは多岐にわたります。具体的には、対人賠償、対物賠償、搭乗者傷害、人身傷害保険、車両保険などが挙げられます。対人賠償は、被害者の人的損害を補償します。対物賠償は、被害者のモノに対する補償。搭乗者傷害と人身傷害保険は、共に保険に加入したライダー側のケガなどの人的損害を補償するものです。ただし、搭乗者傷害は事故のときにライダー側に過失があると、その過失分が差し引かれるため、必要な補償額が満額支払われないことがあります。その不足分を補うために生まれたのは人身傷害保険です。こちらは生命保険のようなもので、過失分が差し引かれません。車両保険は文字通り、契約したバイクの損傷を補償するものです。

バイク保険ならではの特徴が車両保険にはあります。バイクは車両本体の盗難が非常に多いという特徴があります。そのため、クルマの場合は車両保険には盗難でも適用されるのが普通になっていますが、バイク保険の場合、盗難が除外されています。バイクは車両保険に加入していても、車両盗難では保険金が下りないのです。バイクの盗難には盗難保険を別に加入する必要があるのです。

« バイク保険の自賠責保険の内容 | HOME | バイク保険にある特約と割引 »

スポンサードリンク

関連記事

バイク保険はまず自賠責から
バイク保険は通常、自賠責保険がどんなバイクにもかかっています。これはバイクを購入...
バイク保険に加入するって?
バイク保険には、国が用意する自賠責保険以外に、民間の損害保険会社が用意する任意保...
過失相殺とは
バイク保険には過失相殺という考え方があります。それは現実の交通事故には、事故を起...
万一の事故を起こしたとき
バイク保険をかけているバイクで、万一事故を起こしたときの対処法を紹介します。まず...
バイク保険を安くする
バイク保険の自賠責保険の保険料は、バイクの排気量によって決められており、どこで加...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved