クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > 自動車保険の基礎知識

スポンサードリンク

自動車保険(自賠責)の知識

自動車保険のひとつ、自賠責保険は、正式名称「「自動車損害賠償責任保険」。強制保険といってクルマには必ずかけなければならないことになっています。「自動車損害賠償責任保険」は、「自動車損害賠償保障法」にもとづいて設けられています。これは、事故を起した加害者の支払い能力の有無によって被害者への補償が左右されないようにする被害者救済のための保障です。クルマの所有者であれば、必ず加入しなければならないものです。

 

自動車保険のなかでは、任意保険と比べてとても特殊な保険で、加入および継続の手続きが通常、新車購入時と車検更新時に行なわれます。任意保険が車検と無関係に定期的に行なわれ、場合によっては、不継続となることがあるのに対して、自賠責保険は、車を手放したり、廃車にしない限り、ずっと継続するかたちになっています。

ただ、車検の更新と同時に更新されるだけに、車検をしないで放置すると、自賠責保険も切れてしまうことになります。このようなかたちで、自賠責保険が切れたクルマを運転すると、6ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金に処せられるなど、厳しい罰則が設けられています。

 

自動車保険としては、最小限の保険制度ともいえる自賠責保険の保障内容は、あまり高いものではありません。後遺傷害が残った場合でも最高3,000万円、常時介護が必要な場合でも4,000万円と実際にかかる費用から考えると十分とはいえない金額になっています。こうした制度に問題があると考える専門家もいますが、現状では、自賠責保険に加えて、何らかの任意保険に加入しておくことが必要なっています。

 

自動車保険を「自賠責保険」のみで済ませようとする人もいますが、万が一の事故のことを考えると、賢明な態度とはいえません。相手が高級車であった場合、ガードレールなど公共物を壊してしまった場合も、「自賠責」で対応されると誤解している人もいるようですが、自賠責では物損については補償されません。働き盛りの勤労者を死亡させた場合など考えると、自賠責保険だけでは十分な補償ができないことが多いのです。

 

自動車保険のなかでは、「自賠責保険」は、最低限の補償しかできないポジションにおかれていると考えたほうがよいでしょう。「自賠責保険」は、被害者のためにあるものであると理解しておきましょう。過失でガードレールにぶつかった場合のクルマの損害などにはある種の「任意保険」しか対応できないのです。

« 自動車保険(任意)の知識 | HOME | 自動車保険(任意)の保険料と種類 »

スポンサードリンク

関連記事

自動車保険の節約方法
自動車保険のなかで、毎月支払う保険料が安くて、もし事故にあった場合に高い補償金が...
自動車保険の最新情報
自動車保険はつい最近までは、同じような保険内容であれば、どの保険会社の商品もほと...
自動車保険料ってどうやって決まるの?
自動車保険の種類に関して今まで説明してきましたが、料金はどのように決まるのでしょ...
自動車保険制度の変化-自分に合わせる保険
自動車保険に関して今までご説明してきました。では自動車保険を選ぶ、ということはど...
自動車保険に関する手続き
自動車保険に関してここまで、その内容を詳しく見てきました。自動車保険は、言わば「...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved