クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > バイク保険の基礎知識

スポンサードリンク

自賠責保険に加入する

バイク保険のベーシックなものとして、法律で加入が義務づけられている自賠責保険というものがあります。加入が法律によって強制されているため、別名「強制保険」と呼ばれることもあります。もしも、自賠責保険に加入していないバイクで公道を走ると、法律違反となり、刑事罰と行政罰のふたつが課されます。刑事罰では、50万円以下の罰金または1年以下の懲役。行政罰は、無保険運行で6点の罰則点。これは免許停止となる罰則点です。

バイク保険の自賠責保険は、排気量の大きなバイクだけでなく、原付バイクにも加入を義務づけています。中型以上(250cc以上)の車検のあるバイクの場合は、自賠責保険の加入が切れると、車検もクリアできなくなるため、あまり保険切れになることは少ないようですが、原付など車検のないバイクの場合は、自賠責保険の期限が切れていることに気が付かないケースがあるようです。必ず、ナンバーに貼ってある自賠責保険の期限のステッカーを見て、自賠責保険が切れないように注意しましょう。

バイク保険の自賠責保険は、国の保障事業です。実際の販売や保険金の支払いなどの窓口は民間の保険会社が代理として行っています。そのため、自賠責保険への加入は民間の保険会社で行うのですけれど、どの保険会社で加入しても、その保険金は一律になっています。また、何度事故を起こしても、保険の加入料金が割高になることはありません。

バイク保険の自賠責保険は、あくまでもベーシックな保険です。その補償範囲は非常に限られたものになっています。具体的には被害者の人的損害しか補償しません。被害者の治療費と慰謝料、休業補償のみです。被害者が持っていた物や自転車、建物など物損には保険金は一切支払われません。また、加害者側のケガにも保険金は支払われません。さらに保険金の支払いにも上限があります。死亡した場合は最高3000万円まで。重度の障害で4000万円まで。ケガならばわずかに120万円です。

バイク保険の自賠責保険の補償範囲は狭く、1億円以上の損害賠償が発生する実際の交通事故に対して、自賠責保険だけではあまりにも不安です。あくまでも自賠責保険は最低限度のものと考えて、必ず任意保険へ加入するようにしましょう。

« バイク保険の必要性 | HOME | 任意保険に加入する »

スポンサードリンク

関連記事

バイク保険はまず自賠責から
バイク保険は通常、自賠責保険がどんなバイクにもかかっています。これはバイクを購入...
バイク保険に加入するって?
バイク保険には、国が用意する自賠責保険以外に、民間の損害保険会社が用意する任意保...
過失相殺とは
バイク保険には過失相殺という考え方があります。それは現実の交通事故には、事故を起...
万一の事故を起こしたとき
バイク保険をかけているバイクで、万一事故を起こしたときの対処法を紹介します。まず...
バイク保険を安くする
バイク保険の自賠責保険の保険料は、バイクの排気量によって決められており、どこで加...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved