クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > バイク保険の基礎知識

スポンサードリンク

バイク保険の必要性

バイク保険のうち、任意保険へ加入する人が現状では非常に少ないようです。自動車の任意保険と比べても圧倒的な差があり、バイク保険では任意保険へ加入している人の方が少ないというデータ(30%程度)まであるようです。

バイク保険の任意保険への加入数が少ないのは、「バイクは被害者になることが多いはず」「保険料を払いたくない」という理由が多くを占めるはずです。ですが、これらは大きな間違いです。バイクが被害者ではなく加害者になる可能性も十分にあるのです。もしも交通事故で被害者を死亡させてしまったり、一生残る後遺症を残してしまったときに請求される賠償金は1億円を超えることもあるのです。バイクであっても人を殺してしまうこともあるでしょう。後遺症を残すようなケガを与えてしまうこともあるのです。そんなときに、自賠責保険(死亡補償で最高3000万円まで)では、とうてい足りません。足りない額は、加害者側が一生かけて償うことになるのです。わずかばかりの保険料をケチったばかりに、一生かけて数千万円もの負債を返す。これはどう考えても間違いでしょう。

バイク保険に加入しない理由は、まったく間違ったものです。保険に加入しないで走っていて事故を起こしてしまう。もしも、バイク側に何の過失がなくても事故が発生してしまうのです。たとえば道を走っていたら、突然、横から自転車に乗った子供が飛び出してきた。避けきれずにぶつかってしまい、相手が死亡した。そのときでも賠償金は請求されるのです。だからこそ、バイク保険への加入が必要とされるのです。

バイク保険(任意保険)には被害者側の救済だけでなく、ライダーの救済という保険もあります。万一の事故でライダーが加害者となり、しかもケガをしてしまった。そんなとき自賠責保険ではライダーの治療費は出ません。しかし任意保険ならば、ケガをした自分の治療費も出るのです。

バイク保険には様々な特約が存在します。たとえば他人のバイクを借りたときの事故を補償する特約もあります。つまり保険の入っていない友人のバイクを借りても、自分の保険が使えるので安心というわけです。さらに携行品担保特約というものもあります。ツーリングにカメラや携帯電話を持っていったら、突然の雨で濡らして壊してしまった。そんなときも保険で補償されるというのです。

HOME | 自賠責保険に加入する »

スポンサードリンク

関連記事

バイク保険はまず自賠責から
バイク保険は通常、自賠責保険がどんなバイクにもかかっています。これはバイクを購入...
バイク保険に加入するって?
バイク保険には、国が用意する自賠責保険以外に、民間の損害保険会社が用意する任意保...
過失相殺とは
バイク保険には過失相殺という考え方があります。それは現実の交通事故には、事故を起...
万一の事故を起こしたとき
バイク保険をかけているバイクで、万一事故を起こしたときの対処法を紹介します。まず...
バイク保険を安くする
バイク保険の自賠責保険の保険料は、バイクの排気量によって決められており、どこで加...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved