クルマとバイクイメージ

eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ > ビッグスクーターに乗ろう

スポンサードリンク

AT限定自動二輪免許

2005年6月から、AT(オートマ)限定自動二輪免許の試験が開始されました。これは、ビッグスクーター(ビックスクーター)に代表される「クラッチ操作のない自動二輪車」に限定して運転することのできる免許です。

○運転できる車種・各排気量別のオートマ限定バイク[例・ビッグスクーター(ビックスクーター)等々]

「普通の(クラッチ操作のある)バイクよりラクに乗れる」「スクータータイプだったら買い物にも使えそう」という人にとっては便利になりそうですね。

排気量に応じて、「AT限定大型二輪」「AT限定普通二輪」「AT限定小型二輪」の種類があります。

ビッグスクーター(ビックスクーター):AT限定自動二輪免許導入の理由

95年ごろから250ccクラス以上のいわゆるビッグスクーター(ビックスクーター)にユーザーの人気が集まるようになってきました。ここ5年で販売台数は約3倍伸びています。

また自動二輪車の保有台数に占めるATバイクの割合は約3割に達しています。四輪ではAT車が普及することでAT免許制度が始まりました。そこで、バイクでもAT免許制度を作ってもよいのではないかという声が5~6年前から上がってきたのです。

これまでは、ビッグスクーター(ビックスクーター)に乗りたいと思っていても、クラッチのあるバイクで教習を受けなければなりませんでした。クラッチ操作がうまくできない教習生にとって、エンスト、立ちゴケ(転倒)は恐怖です。

そのため、バイクの免許取得をあきらめる人もいました。スクーターで教習が受けられると、この恐怖から免れることができる。これまでバイクに憧れていたが乗れなかった人たちも、これでバイクの世界に入ってこられるようになったのです。

ビッグスクーター(ビックスクーター)は、クラッチ操作が不要なため運転が楽である。そこで、携帯電話を片手にして運転する人もいます。また、ヘルメットやウエアをルーズに着用しているライダーも、よく見かけますが、バイクはバイク。楽だからといって気楽に乗ってはいけません。楽になり余裕を持って運転できますが、その余裕を安全にあてることを教習所は教えるべきでしょう。

« 冬でも寒くない?!ビッグスクーター(ビックスクーター) | HOME | AT限定二輪免許 »

スポンサードリンク

関連記事

ビッグスクーター(ビックスクーター)に乗る時のマナー
ビッグスクーター(ビックスクーター)は若い人に人気なのですが、若干ですがそのマナ...
ビッグスクーター(ビックスクーター)の種類
SUZUKI SKYWAVE250SS 水冷SOHC4バルブエンジンには電子制御...
YAMAHA TMAX
ヤマハのTMAXは2001年2月にヨーロッパ市場で最初に発売されました。。新開発...
YAMAHA MAJESTY
YAMAHA MAJESTY1999年10月に、先行版である4HC/BA-SG0...
YMAHA GRAND MAJESTY
2004年3月に、マジェスティのの上位モデルとして「グランドマジェスティ」が車種...

【 当サイト情報の取り扱いについて 】

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は一切の責任を負えないのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。

Copyright © 2007 eクルマeバイク~クルマとバイクの総合リンク集~ All rights reserved